男47才。男泣き。その理由は…。

ビジネス, マインドセット

@とある小樽のカフェにて

オフパワーコンサルティング の松永です。
※このメールは名刺交換などをさせていただいた方にお送りしております

最近、ちょっと感動で泣いてしまう動画を見つけました。

それは、ハンドルネーム826askaさんの動画です。

初めて知ったのは、コードブルーの動画をYoutubeで探していた時に、ドラマの挿入歌のカバー演奏を見つけた時です。

コードブルーのカバーもドラマのシーンが思い出され、ウルッと来たんですが、本当に感動したのは実は違う曲です。

それは宇宙戦艦ヤマトのカバー演奏です。

そのリアルさに聞いていて涙が自然と溢れて来ました。

よくよく見てみると再生回数は500万回超え。このクオリティならと納得です。

この826askaさん。現在は高校生。小学生の頃からカバー演奏をアップしていて人気曲は軒並み再生回数100万回越えです。

このヤマトの演奏以外ではスターウォーズの演奏がやはり500万回越え。

なぜ、彼女の演奏がここまで聴かれているのか。ちょっと考えて見ました。

飾らない。リアル再現の世界

それは必要のないアレンジをせずに、リアルの壮大さを再現していることではないでしょうか? そしてそこには単なる再現ではなく、人の心を動かす何かがある気がします。

ヤマトの演奏は他のエレクトーン奏者も多く動画をアップしていますが、少なくとも私は826askaさんほど心に響く演奏を知りません。

彼女より上手い人はたくさんいるでしょう。でも、心が動かされるのは彼女の演奏が一番なんです。それはヤマトだけではなく、その他のカバーも同じです。

彼女には他の奏者とは違うモノがある。そう感じました。

その要因を考えた時に、本人が演奏を楽しんでいる。それが一番なんではないかなと。自分が感動する演奏を楽しく演奏する。

人は楽しんでいる人を見ると、楽しい気持ちになる。熱いパッションを感じると熱くなる。そんな気がします。

これって仕事も同じではないでしょうか?

楽しんで仕事をしている人の方が、周りに影響を与えられる。苦しさがないからプラスの空気が伝わる。そんな気がします。

もし、あなたが今の仕事に楽しさを感じられないのなら、嫌のところではなく好きなところ。誇れるところを見つけて見ると良いと思います。

例えば、あるお店がとても気に入っていて、誰かに「〇〇で美味しい店ないかな」とか聴かれた時に、そのお店紹介したくなりませんか? 全力で…。

私はそういうタイプです。

自分の好きなもの。楽しさを感じるもの。その価値を全力で多くの人に伝えたい。そして、喜んでもらいたい。その対価として報酬をいただく。

完全にWin-Winの関係です。

やりたいことをやらない。できないと思っていて、何かつまらないと思っているうちはきっとストレスが溜まる一方。できないって言葉は負のオーラ全開の言葉だと思うからです。

あなたが伝えたい本当の価値はなんですか? それを伝えたいと本気で思った時。その価値で誰かの未来が変わって笑顔や感動を感じてもらえる時。きっと嬉しくなると思います。

少なくとも私はそうです。

今の私がそうですから。価値あるものを伝えているという自負を持って仕事をしています。むしろ、セールスライターという仕事の価値を少しでも知っているものとして、その知識や力を活用して誰かの役に立とうとしないのであれば、それこそ罪が大きいんでは? 

そう思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。