どういうわけか、妻の足が急に速くなった

コラム

From 松永和仁

@小樽の某市場より

いつも歩くのが遅い、私の妻。なのに今日に限ってやたら歩くのが速い。

私:「なんか今日、歩くの速くない?」
妻:「そう? でも言われてみれば、そうかもね」と妻は気にもとめていない。

その秘密とはなんなのか?

早く行かないと「買いたい物」がなくなっちゃうかも!?

実は、歩くのが速くなっていたそのワケは。市場の売り物がなくなったら困る。買いたいものがあったら買いたい。という気持ちからでした。9月6日にあった北海道の地震。コンビニやスーパーから食べ物が消えました。この記事を書いている9月12日現在も震災前の5分の1ぐらいしか食べ物がありません。入荷数が本当に少ないのですぐに売れてしまうみたいです。

ですが、9月8日土曜日。市場に行くと、駐車場にはたくさんの車が・・・・。

えっ! もしかして何か買えるかも・・・。

お客さんが結構入っています。そして市場に入ってみると、お惣菜や魚、お肉、野菜といった食品があるじゃないですか? 大手スーパーより品揃えは遥かに多いです。ちょっとびっくりしました。よく行くお店の女将さんに聞いてみたら、「地震のあった夕方前には電気も来て、次の日からは普通に営業してたの・・・」ですって。実はこの市場のすぐ近くに市立病院があります。そこと近いので優先的に電気が来たみたいです。なので、冷蔵や冷凍、どれもほとんど被害が出なかったんですって。

意外な事実でした

これって、実は驚きでした。名だたる大手スーパーよりも地元の市場の方がモノがある。スーパーにあるような「お一人様2点まで」のような制限もなし。人も多く活気がありました。

正直言って、先入観バリバリで、妻と行っても「無駄足かもよ」と話していました。でもダメもとで行ってみようという話になって行ってみた結果。駐車場に車が溢れてる。

その状況になって、「これなら買いたい物が買えるかも」と思った妻の「足が速くなった」ワケです。普段は私の半分ぐらいの速度でタラタラと歩く妻が、私の普通歩きより遥かに速い。それに気づいた私と妻は。顔を合わせて笑いました・・・。

人は心で動く

この体験をしてみて感じたのは、「人は心で動く」ということ。やりたくないなあと思っていたら行動にもそれが如実に現れる。でも期待を感じるような状況では「人は元気になる」。希望があるところでは「人は元気」なんだと実感しました。

これって仕事でも同じかなと思います。仕事に「熱意」や「情熱」、「楽しさ」を感じている時は、仕事が進みます。あと少々大変でも疲れ知らずで取り組める。皆さんもそんなことあるんじゃないでしょうか?

私は自分の仕事に誇りと価値を見出しています。なので、楽しく仕事をしています。誰かのために役立つことで、自分も喜びを感じています。そんなことを改めて感じました。

でも、妻の「足が速くなったとき」。ふと気づいて、本当笑いました・・・。人は心で動く。実感です。

追伸:震災の被害に遭われた方へ

多くの方が震災に遭われ辛い思いをまだされていると思います。亡くなられた方には心よりお悔やみ申し上げます。

そして、今もなお不自由な生活をされている方が一日も早く、元の日常に戻れるようお祈りしています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。