予約を一杯にする集客の入口をいくつ持っていますか?

ビジネス, ブログ, 売上アップ, 集客

サロン経営をされている方は
某情報誌や情報サイトを使っている方が多いと思います。

ですが、
かけた広告に見合ったお客さんを獲得できていますか?

広告をかけた後、
本来であればリピート客が増え
キャッシュの周りは良くなって
広告費をもっとかけられる状態になっていないとしたら

あなたの集客方法と売上アップの取り組みには
問題があります。

情報誌依存の集客の危険性

情報誌は効果の高い
集客方法です。

ですが

1 広告費が高額
2 客単価が上げづらい
3 費用対効果が見えづらい
4 価格で横並びに比べられる
5 サービスや商品の良さが伝わりづらい
 といったデメリットもあります。

それは誌面が限られているので
本来、伝えなければならない情報や
お客様が知りたいことを伝え切れていないからです。

このデメリットをメリットに変えるには

1 かけた広告費を回収できる仕組み
2 客単価を上げる仕組み
3 費用対効果を検証する仕組み
4 価格で比べられない仕組み
5 サービスや商品の良さを伝える仕組み が必要になってきます。

あなたが、コレらの仕組みを持っていて
情報誌で新規客を集めることで
リピート客、ファン客が増え続けているのなら
あなたの情報誌活用は大成功です。

もし、それがうまくできていないのなら

まず最初に、リピートをどうやって取るかを、
考えてみることをオススメします。

そして、次に
新規顧客の数を増やすために入り口を増やし
受け皿を持つことをオススメします。

集客の入り口とは?

コレはいわゆる
広告のメディアのことです。

・情報誌
・チラシ
・紹介
・口コミ
・SNS
・メルマガ
・テレビ
・ラジオ などがコレに当たります。

あなたはコレらのうち
いくつに取り組んでいますか?

もし、一つか二つしか取り組んでいないのなら
大きなリスクを抱えていることになります。

しかも、かけたコスト(お金、時間、労力)に対して
どのぐらい成果が出ているかを検証できていないのなら
もしかすると、広告の費用対効果が極めて低いこともあり得ます。

今の時代
集客方法を一つとか、二つに依存しているとしたら
あなたのビジネスの体力(=キャッシュフローや内部留保)は、
ついていかないと言っても過言ではありません。

ぜひ、集客の入り口に対する考え方は

できるものは全てやる

というスタンスで取り組むのが理想的です。

Webメディア活用のススメ

インターネットを使った集客はとても強力な力があります。

ですが、このインターネットの力を
きっちりと使いこなせているビジネスオーナーさんは
極めて少ない というのが3年以上コンサルティングをしてきた
体感です。

日々の業務に追われ、それどころではない と仰るかもしれません。

とはいえ、集客はやり続けなければならないし
リピート客に対しての働きかけもしなければならない。

手が回らないと感じているかもしれません。

しかし、数あるWebメディア役割を理解し
それぞれのメディアにあった情報発信をしていくことで
あなたのビジネスを安定させ、
ビジネスの体力を増して行くことができるのをご存知でしょうか?

SNSの特徴を理解することで効果倍増

あなたは集客にSNSを使っていますか?

もし、使っていないのなら
ぜひ、使い始めてください。

そして、そのためには
それぞれの特徴を理解する必要があります。

Facebookの特徴は?
Youtubeのメリットは?
Instagramはどんな業態に適しているか?
Twitterはどんな客層に情報を届けやすいか?

など、それぞれのメリットとデメリットを理解して
情報を発信することが必須になってきます。

今は、いろいろなサイトで
それぞれのSNSの活用方法が調べられますので
ぜひ、あなたのビジネスを大きくするための
投資として、それを勉強する時間を作ることをオススメします。

とはいえ、難しい。

それもそのはずです。

それはあなたはビジネスオーナーですが
マーケティングやセールスが苦手かもしれません。

その知識を持った上で
SNSを活用するのと、

知らないで
使うのとでは、成果に大きな差が生まれます。

ですので、SNSやってみたけど
成果が出ない。ということが起こってきます。

つまり、インターネットで人を集めるには

体系的に、総合的にSNSなどのインターネットツールを
理解し、活用しなければなりません。

アクセスを増やすために知っておくべき二つのポイント

1 あなたのビジネスの明確なコンセプトが必要です
2 投稿する記事に興味を引くことが必須です

あなたが発信している情報には
明確なコンセプトはあるでしょうか?

セール情報やキャンペーン情報だけになっていませんか?

誰にそのメッセージを伝えるかが
明確になっているでしょうか?

あなたの本当に伝えたいメッセージはお客様に伝わっているでしょうか?

そのために
あなたのビジネスの明確なコンセプトが必要です。

あなたの記事は読んでもらっているでしょうか?

発信した情報は見てもらえなければ
全く意味がありません。

そして、あなたのお客様が知りたい情報を伝えられているでしょうか?

記事を読んでもらうためには
「読みたい」と感じてもらうためのちょっとひと工夫が必要なんです。

記事に興味を引くための鉄則
1 お客様が知りたいことを記事にする
2 目立つようにする
3 タイトルを面白くする
  ベネフィットを入れる。数字を入れる。ニュース性を持たせるなどの仕掛けが必要

記事は読んで終わりではなく、買ってもらう仕組みがあるか?

まず、最初のハードルは記事を読んでもらうこと

そして、次は買ってもらわなければ意味がないですよね?

そのために考えたいのが
どうしたらお客様の連絡先をゲットできるかということ。

もし、連絡先が手に入れば
何らかの方法で、コンタクトを取れますよね?

そして、
コンタクトを取り続けることで
深い関係性を気づいて、ファンになってくれたら良いと思いませんか?

ぜひ、
1 記事を読んでもらい
2 連絡先をゲットし
3 コンタクトを撮り続け
4 一度ではなく、何度か買ってもらえる

という流れを作ってみてください。

そうすることで
あなたのビジネスは拡大し、力がついてきます。

と言われても、何をしたら良いのか?

と思うかもしれません。

あなたがマーケティングのプロだったり
セールスがうまかったりすれば別ですが

多くのサロンオーナーさんは
セールが上手くないことが多いです。

それを補うのが
インターネットの活用です

構築するためには時間もある程度かかりますし
費用もかかりますが

効果の高い、売上アップの仕組みができてしまうと
強力は集客のツールになり
あなたのビジネスを安定させてくれます。

情報誌だけに依存せずに
お客様を集めるのではなく

お客様が集まってくるようになります。

このインターネット=Webメディアを活用して

1 人を集め
2 売上をあげ
3 リピートしてもらい
4 ファン客を作り
5 客単価を上げる

というマーケティングの流れを作ってください。

それが競争の激しい、このご時世を生き抜く
マーケティングに繋がります。

多くの競合の中から、
あなたを選んでくれるようになります。

そして、売上も利益も安定して行く結果を得ることができます。

ぜひ、取り組んでください!

この仕組みについてお伝えしているセミナーがあります

といっても、
何から手をつけて良いのか?
どうすれば良いのか? 

わからないという方に

Webメディア活用セミナーをご用意しました。

4月開催はZoomオンラインでの開催。

あなたのビジネスをもっと安定させ
力をつけたいのなら、ぜひご参加を!

詳細を知りたい方は
直メール
info@offpower.jp にご連絡ください。

開催に関する情報をお伝えします。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。