ママ、僕だよ。私だよ〜赤ちゃんの泣き声

ビジネス, ブログ, マインドセット

From 松永和仁
@小樽のとある行きつけのカフェ

先日、面白い実験をテレビで紹介していました。

お母さんは、自分の赤ちゃんの泣き声を区別できるか? 

というもの。その結果は…。

正解率100%。やはりママはすごかった

10人のママが、目隠しをして自分の子供が泣いた時に聞き分けることができるか?

という試験をテレビで紹介していました。

結果は、全員正解。

ママからすれば当たり前! と思うかもしれませんが
男の私は正直、自信がありません(といっても子供はいませんが…)。

実は、子育て中のママは、脳力が飛躍的に向上しているらしいのです。
その能力もこのテストの結果に一躍かっているのかもしれません。

脳の30カ所以上が肥大し、子育て能力アップ

子育て中のママには、特殊な能力があるようです。人間の仕組みって本当にすごいと思いませんか?

子供を育てることになると、自然に? 人の能力が上がるって信じられますか?

以前、ロンドンのタクシードライバーの脳の話を聞いたことがあります。

彼らはロンドンの道という道を記憶しています。
A地点からB地点への最短距離、最短時間で移動できるよう、
とんでもない量の記憶をストックしているワケです。

わずか50センチ程度のオブジェの位置や、工事情報なども把握しているとのこと。
いついかなる時も、最短最速のルートでお客様を目的地に案内してくれるんです。
(一度乗ってみたい! ロンドン行きを夢リストに加えます!!!)

試験の合格率は正確な数字はわかりませんが、一桁%なのは間違いありません。

ハードルの高い試験に合格するために、受験する人は自転車やバイクで
道という道を走りに走って全ての道を記憶します。

その結果、彼らの脳の一部。
記憶をつかさどる「海馬」が通常の人よりも遥かに大きくなっているというのです。

これは訓練によって、あるいは努力によって人の能力が増し加えられることの証明。

この事実は筋肉が運動によってつくように、脳も鍛えられるということを意味します。

ですが、子育てのママの脳が、自ら能力アップするために肥大化する。というのは不思議でなりません。

努力というよりは、本能やママの気持ち、情熱といったもので脳力がアップしているようなもの。

人間の適応能力というのは本当にすごいと思いませんか?

人は情熱を持つことで力や能力が増し加えられるのでは?

そう考えると、情熱を持って仕事や何かに取り組む人は、能力がアップするのではと思えてきます。

努力をした結果、何かが上手くなったり、成績が上がっていくのは、素直に納得できます。

ですが、それ以前の努力を惜しまない心というのは、脳力が上がっているからなのでは? 
と感じるのです。

あなたも自分の好きなことだと、疲れを感じず、ストレスを感じずに頑張れた経験ってありますよね?

人は好きなことをやるように出来ている。

今、ストレスが関連する様々な社会問題があります。

ですが、これって人が好きなことを出来ていれば、多くの問題が軽減される気がしています。

「人は好きなことだけで生きていくことはできない」

という方、多いと思います。

また、一方で好きなことをして
生活している人もいます。また大きな成功を収めている人もいます。

その差は才能なのでしょうか?

私の大好きな本。「GRIT〜やり抜く力」によれば

成功は、「粘り強さ」と「情熱」で達成されると結論づけています。

なぜなら、人は自分が大好きなこと以外では

粘り強さを発揮できない。そして情熱を持ち続けられない。

なので、好きなことをして、生きていくにはどうしたら良いか?

それを考え、思いついたことを行動に移していくことで
少しずつ自分の手に入れたい未来に近づいていくことができるのではないでしょうか?

あなたが、好きなことをして生きていきたいのなら、

好きなことをして成功している人たちと共にいることが大切です。

そうすると、「出来ない」というマインドは消え去ります。

何故かって、「好きなことを仕事にして成功している人」がそこにいるからです。

つまり、どんな環境に身を置くかがとても大切。

出会いを求め、外の世界に足を踏み出し、時間とお金を投資することで
あなたの世界が広がる。それは環境を自ら変えるということ。

そんな経験を、私もしてきました。

求め続けた結果。手にした素晴らしい機会があります。

今、私は自分の好きなことだけ、仕事に出来ています。

さらなる成功を求めて、もっと多くの人と会い、誠実に接し、刺激を受けながら成長していきたい。

そう思っています。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。